転職することでの強み

転職をしてばかりでは採用する企業側としても不安になると思いますが、転職すること自体は決して悪いことではありません。自己のスキルアップはもちろんのこと、自分の能力をより生かせる職場を探すということも、働く上で必要なことと言えます。

 

私も転職経験がありますが、仕事、人間関係でのものではなく、自分の本当になりたい仕事に就くにはどうすればよいかと考えた上での行動でした。私は編集の仕事がしたいと思っていたのですが、学歴が専門卒だったことから、出版社の大半は資格に4大卒と書かれています。だから試験を受ける所まで進めなかった背景があり、まず社会人としてのスキルアップからスタートしたのです。

 

3年間ソフトウェア会社で働き、その後出版社の試験を受けました。新卒者と同じ試験でしたので、一般常識などの筆記では負けていたかもしれません。ではなぜ合格できたのか。それは面接勝負だったからです。

 

面接試験で緊張しがちの学生とは違い、こちらはビジネスマナー等々、実際働いてきた自信があります。好印象を持ってもらうにはどうすればよいか。それこそが社会人としての実績なわけです。この部分が転職することでの大きな強みとも言えるでしょう。

 

まずは会社の口コミをチェックした方がいい

 

転職先の調査不足・・・

私は、システムエンジニアとして働いていました。
ですが、働いている間に本当に一生この仕事で食べていくということについて疑問を感じるようになりました。

 

確かに、仕事をしている間に苦痛を感じることはありませんでしたし、
社内の人間関係が嫌だったというわけでもありません。
良い人ばかりでしたし、残業もほとんどありませんでした。

 

そんないい会社ですが、システムエンジニアという仕事を一生すると考えた時に
一生やり続けたいとは思いませんでした。

 

その結果違う業種に転職することになったのですが、
転職先の企業をあまり調べずに転職しました。

 

やりたい仕事でしたので、
給料や労働条件を考えずに転職したのですが、
そのために労働条件のとても悪い会社に就職することになりました。

 

労働時間が圧倒的に長く、給料も悪い。
社内の人間関係も劇的に悪い状況の中、二か月しか保たずに辞めてしまいました。

 

ですので、次回からはしっかりと企業研究をしようと感じました。

 

転職される人について
現在の日本では働き方も多様になってきてさまざまな働き方が受け入れられるようになってきていると思います。転職についても以前は一度入社したら定年退職するまで、最後まで勤め上げるのが当然といった考え方合ったように思います。

 

しかし、今の時代は転職をしている人も珍しくない為、転職組だからといって不利益があることはそうそうはないと思います。実際に現在私が勤めている会社でも入れ替わりの激しい業界なので転職している人も大勢います。その中で私が日々感じることは転職組にも大きく分けると2種類の人がいるということです。まず一つ目はキャリアアップや自分のスキルアップの為に転職する人です。

 

こういった人たちはある程度経験があるので、即戦力にもなれるので転職エージェントからも好かれますし、転職先でも受け入れられやすいと思います。※詳しくは転職カモの転職エージェントランキングを参考に。もうひとつが、職を転々としている人です。こういった人たちはおそらくですが、前の職場でもうまくいかなかったために転職をしているのだと思いますが、人間関係にうまくなじめなかったり、勤務態度があまりよくなかったりするのではないかと思います。


このページの先頭へ戻る