転職することでの強み

転職をしてばかりでは採用する企業側としても不安になると思いますが、転職すること自体は決して悪いことではありません。自己のスキルアップはもちろんのこと、自分の能力をより生かせる職場を探すということも、働く上で必要なことと言えます。

 

私も転職経験がありますが、仕事、人間関係でのものではなく、自分の本当になりたい仕事に就くにはどうすればよいかと考えた上での行動でした。私は編集の仕事がしたいと思っていたのですが、学歴が専門卒だったことから、出版社の大半は資格に4大卒と書かれています。だから試験を受ける所まで進めなかった背景があり、まず社会人としてのスキルアップからスタートしたのです。

 

3年間ソフトウェア会社で働き、その後出版社の試験を受けました。新卒者と同じ試験でしたので、一般常識などの筆記では負けていたかもしれません。ではなぜ合格できたのか。それは面接勝負だったからです。

 

面接試験で緊張しがちの学生とは違い、こちらはビジネスマナー等々、実際働いてきた自信があります。好印象を持ってもらうにはどうすればよいか。それこそが社会人としての実績なわけです。この部分が転職することでの大きな強みとも言えるでしょう。


このページの先頭へ戻る